・岡村 孝子(おかむら たかこ、1962年1月29日 - )は、シンガーソングライター。愛知県岡崎市出身。父は岡崎市議会議長を務めた岡村秀夫。

・岡崎市立矢作西小学校、岡崎市立矢作中学校、愛知県立岡崎北高等学校卒業[1]。椙山女学園大学星が丘キャンパス在学中に、同級生の加藤晴子とデュオの「あみん」を結成。1982年に、ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)でグランプリを受賞した「待つわ」がヒット曲となる。

・1983年に「あみん」の活動を休止。椙山女学園大学を中退後、花嫁修業などをしていた。その時にもソロ活動を求める声があり、東京へ上京して、ソロとして1985年にファンハウス(現在社名アリオラジャパン)より岡村孝子として単独でデビューする。

・1986年、来生たかおの「はぐれそうな天使」のカバーを歌ったところ、ホンダ・トゥデイのコマーシャル(出演は今井美樹)に起用され、一気に人気度が高まる。この楽曲は現時点で詞・曲ともに自作でない唯一の楽曲である。

・1987年に「夢をあきらめないで」を発表する。応援歌的な内容が幅広い層から支持を集め、岡村の代表作となった。当初は武蔵予備校のCMソングのタイアップがあったが、後年、中学校の音楽教科書にも採用されている。

・「夢をあきらめないで」は、2005年に公開された映画『逆境ナイン』の主題歌として起用された。リリースから18年たった2005年にデジタルリマスタリングを施して再発売された。なお、この曲は、乙葉、優木まおみ、金月真美など様々な歌手によりカバーされている。

・1995年に所属レーベルをイーストウエスト・ジャパンに移籍、2003年にBMG JAPANへ移籍している。

・その歌声もさることながら、OLが多い同世代の感性を表現した歌詞と曲が、若い女性を中心に支持を集め、90年代初頭には「OLの教祖」と称されたこともあった。

・1997年、プロ野球読売ジャイアンツの石井浩郎と結婚し、第一子をもうけた。『Reborn』(2000年)では、家族への温かな想いをつづっていた。しかし、2003年に離婚した。

・2002年、ベスト・アルバム『DO MY BEST』発表後、宮城県仙台市からコンサート活動を再開する。コンサート最終日の渋谷公会堂では、当日の1日限りで「あみん」が再結成された。「天晴な青空」と「待つわ」の当時ヒットした2曲を披露した。

・2003年、アルバム『TEAR DROPS』をリリース、エッセイ「Happyをさがして」の連載を『産経新聞』大阪版夕刊で開始する。2005年に単行本の書籍としても刊行された。

・2005年、NHK『夢・音楽館』で、あこがれであったさだまさしと初共演した。ソロ時代は一切音楽番組の出演を断っていたが、さだとの共演ということで出演した。2005年にNHK-BSプレミアムの番組で岡村孝子コンサートを放送直後、視聴者からDVD発売や再放送等の反響が大きくなった。この共演が縁となり、2006年にはさだとのコラボレーションによるシングル「銀色の少女」が発表された。さらに、コーラスとして参加した加藤との再共演も実現した。

・2007年、あみんとしての活動を再開した。同年12月31日に『第58回NHK紅白歌合戦』へ紅組で出場、デビュー曲の「待つわ」を披露している。

なお、あみんとして2008年に発表したアルバム『未来へのたすき』の歌詞カードには、あみん活動再開後も岡村孝子としてのソロ活動は並行して続いている(休止していない)ことが明記されている。

・2011年、所属レーベルをヤマハミュージックコミュニケーションズに移籍した。同年9月には、約5年ぶりかつ移籍後第1弾のソロデビュー25周年記念アルバム『勇気』をリリースした。

岡村孝子の魅力

岡村孝子の全て

更に詳しく



お問い合わせはこちら