・ZARD(ザード)は、作詞・ボーカルを務めていた坂井泉水を中心とした日本の音楽ユニットである。「ZARD」の名称は後述の事情から坂井自身と同義に用いられる場合もある。坂井の死去後は残された音源を元にアルバムの制作やフィルムコンサートなどがプロデューサーの長戸大幸を中心とする制作スタッフによって行われている。所属事務所は泉水(SENSUI)。所属レコード会社はビーイング。レーベルはB-Gram RECORDS。

・1990年代に女性ボーカルとしては最も多くのCD売上げ枚数を記録しており、シングルでは「負けないで」「揺れる想い」「マイ フレンド」がミリオンセラーとなっている。また、アルバムでは9作が連続でミリオンを達成しており、史上最多記録である(オリコン調べ)。

・各メンバーの脱退時期は所属事務所から正式には公表されていない。以下のメンバーがかつてZARDのメンバーとして表記され、このメンバーでテレビ出演や学園祭ライブも行っていたが、その後メンバーとしてクレジットされているのは坂井のみとなっている。

・町田文人 - ギター担当。「君がいない」(1993年4月21日発売)後に脱退。

・星弘泰 - ベース担当。「IN MY ARMS TONIGHT」(1992年9月9日発売)後に脱退。

・道倉康介 - ドラムス担当。「IN MY ARMS TONIGHT」後に脱退。

・池澤公隆 - キーボード担当。「君がいない」後に脱退。



・街頭でスカウトされてモデル活動をしていた坂井泉水が、テレビドラマ『結婚の理想と現実』の主題歌歌手として抜擢されてメジャーデビューする。デビュー直後のZARDは坂井のソロプロジェクトであり、まだ音楽制作に不慣れな坂井を長戸が傍でサポートしていた。2ndアルバム『もう探さない』からバックバンドの4人がクレジットされ、1993年2月前後までバックバンドのメンバーがついていた。

ZARD (坂井泉水)の全てを見せます。

ZARD (坂井泉水)の全てを見せます。

更に詳しく



お問い合わせはこちら